わけあって絶滅しました。――世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑

わけあって絶滅しました(今泉忠明 監修/丸山貴史 著/サトウマサノリ・ウエタケヨーコ 絵)

わけあって絶滅しました

生き残るって、たいへん

地球が誕生してから現在まで、約40億年の間に、数多くの動植物が生まれ、そして絶滅しました。

生き物が絶滅した理由には、大きく下記3つが挙げられます。

  • 地球環境の変化
  • ライバルの出現
  • 人間のせい

地球に生まれた生き物は、いつか絶滅する運命……むしろ、生き残ることの方が例外のようです。

 

ある種の生き物が絶滅すると、別の生き物が進化し、繁栄していきます。

例えば、6600万年前まで地球の王者として君臨していた恐竜達は、隕石落下によって変化した環境に適応できず、絶滅しました。

その空席に、哺乳類や鳥類が座り、色々ないきものが現れました。

つまり、「絶滅と進化は背中合わせ」という事です。

 

人間も、いつかは絶滅するのでしょう。

「だけど、やっぱり絶滅したくない……」

そう考える小学生達に、

「じゃあ、どうすれば絶滅せずにすむか、実際に絶滅した生き物たちに、絶滅した理由をきいて考えてみよう」

と、本書では、絶滅した生き物達の、絶滅した理由について、面白おかしく解説してくれています。

例えば、

  • 油断して絶滅
  • やりすぎて絶滅
  • 不器用で絶滅
  • 不運にも絶滅

そして最後は、「絶滅してそうでしてない」生き物達の、その理由についても紹介されています。

かわいらしい絵とともに、絶滅した動物達が友達口調で語りかけてきて、小学生に馴染み深い構成となっていると思います。

長男(10歳)の愛読書の1つです。

スポンサーリンク

関連書籍

スポンサーリンク
わけあって絶滅しました。――世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑
最新情報をチェック!