ポケモン空想科学読本

ポケモン空想科学読本シリーズ(柳田理科雄 著/姫野かげまる 絵/株式会社ポケモン 協力)

ポケモン空想科学読本

みなさんは、「アンパンマンの顔を交換するバタ子さんの腕力を計算したら、とんでもない数字がでる」というのを聞いた事があるかもしれません。

柳田理科雄さんの「ジュニア空想科学本」に載っているお話ですが、

物理エンジンで検証した、こちらの動画も面白いです。

 

この「ポケモン空想科学読本」は、そんな柳田理科雄さんが、

「ポケモンのキャラクターが実際地球上に存在したら、その能力はこんな感じ。」

と、ポケモンの情報を物理式にあてはめて、子供達にわかりやすく伝えています。

例えば、

  • なんでも溶かすリザードンの炎は、計算上4215℃以上
  • ピカチュウの10万ボルトが放電する距離は2m
  • カメックスのロケット砲からは、マッハ1.5で17kgの水が飛び出す
  • ディアンシーが空気中からダイアモンドを作り出すために37,000Lの空気を1秒で通過させている
  • サーナイトが作り出すブラックホールで地球がばらばらになる

etc...

 

長男(10歳)の特にお気に入りの本で、

「これは絶対読むべき」

と、家族にもよく勧めてきます。

妹(8歳)と弟(5歳)にはまだピンときていないようですが、小学生の男の子にはとても魅力的な本のようです。

スポンサーリンク

関連書籍

 

スポンサーリンク
ポケモン空想科学読本
最新情報をチェック!