メモの魔力

メモの魔力

My rating
★★★★★

以前から気になっていた「メモの魔力」ですが、

KindleのKindleunlimitedのリストに載っていたので、早速読んでみました。

 

読む前は「メモ術を勉強しよう」くらいの軽い気持ちだったのですが、

読み進めるにつれ、その内容に圧倒されました。

 

メモで人生が変わる

一見誇張された表現のようにも感じますが、

前田さんそれを自身の半生(というにはかなり若いですが)で証明しています。

 

本書では、前半で彼のメモ術を具体的に説明し、

後半で、彼の今までの軌跡と人生観、

それに彼の「メモ」がどのように関わってきたかが

熱く語られていました。

 

メモ術についてさらっとまとめると、

まず、メモには、

1.記録のためのメモ

2.知的生産のためのメモ

の2種類が存在します。

 

記録のためのメモ

「記録のためのメモ」は、私達も活用していることが多いと思います。

メモを「外付けハードディスク」として活用し、

「記憶」という作業はメモに任せます。

そして、自分の頭はアイデア創生など、

自分の頭でしかできないことに使います。

 

「知的生産のためのメモ」

記録のためのメモの使い方は大前提で、さらに彼は、読者に

「知的生産のためのメモ」

を是非活用してほしいと説きます。

 

彼は、日常でちょっと気になったことなどを全てメモし、

それぞれの内容に対して、

全て「抽象化 → 転用」というプロセスを課して

自分のものにしているそうです。

 

ノートの使い方

まず、ノートは必ず見開きで使い、

左ページと右ページそれぞれに縦線を引いておきます。

そして、左側のページには日付とファクト(気づいたことメモ)を記入し、

右側のページには、そのファクトを「抽象化」した内容、

さらにその右側には、自身のアクションプランに「転用」した内容を記述していきます。

 

と、誰かがやっていそうなメモ術ですが、

彼はその使い方が半端なく濃い!

例えば、抽象化には

    • 「What」型
    • 「How」型
    • 「Why」型

という3つの型があり、

What型(それは○○と言えるetc.)-> 言語化能力の向上

How型(どんな特徴か)/ Why型(それはなぜか)-> アクションプランへの転用

等に応用していく…

 

メモで自分を知る

「自己分析」は、就活の際に多くの大学生が行うらしいのですが、

彼はそれをひたすら追求し、ノート30冊分の自己分析を行ったそうです。

そして、どんな質問にも的確に、彼オリジナルな理由をつけて返す事ができるとのこと。

 

私の場合は、国家試験に合格さえすれば

研修医としてどこかの病院では働く事ができたし、

働き始めたら医療の勉強に追われていて、

まともに自己分析するということがなかったと思います。

 

「最も知るべきことは、自分を串刺しにする本質的な人生の軸

という言葉は、特に心に刺さりました。

 

そして、震えたのは、その要所要所で触れられる自身の軌跡と、その圧倒的熱量。

それらの内容が、起業家らしからぬ非常に謙虚な言葉で綴られています。

特に最後の章は3回位読み返しましたが、毎回涙しました。

 

本当にすごい人だと思います。

私も見習うべく、早速自分のメモ帳改革をはじめました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

関連書籍

スポンサーリンク