一生モノの勉強法

一生モノの勉強法(蒲田 浩毅)

一生モノの勉強法

大人が勉強する目的とは?

著者の蒲田先生は、火山学の分野でアカデミアを追求しながら、一般向けにも多数の書籍を執筆されているとのこと。

私はテレビを見ないので存じていなかったのですが、メディアなどでも多く活躍されているそうです。

 

本書では、そんな蒲田先生が考える、「大人になってからも勉強を続ける意味と方法」が紹介されていました。

先生曰く、「大人の勉強は『成功』を目的にするもの」とのこと。

それに対して賛否両論あるかとは思いますが、大半の大人たちが勉強する目的は、確かにそうかもしれないなー、と思いました。

 

先生自身は、「一般の人に火山の面白さを理解してもらうために、自分が魅力的に伝えられる人間になる必要がある」と考え、

常に多方面での教養を身に着けていっているようです。

確かに、「アウトリーチ活動」の重要性は私も噛み締めているのですが、私の場合は本業の方がなかなかうまくいっていないので、

それを両立されている蒲田先生は凄いなーと思いました。

 

勉強の内容としては、

  • 戦略的な勉強法
  • 勉強時間を作り出すテクニック
  • 効率的に勉強するための情報整理術
  • 読書力
  • 資格試験etc.の取り組み方
  • 人から成就に教わる学び方

等、効率的に学べるテクニックが紹介されています。

どれも一度は聞いたこ事がある内容だとは思いますが、それらを着実に実行できていたら、確かに教養は増えていくように感じました。

今、ちょっと自分に余裕がないのですぐに実践するのは難しそうですが、もう少し余裕が出てきたら改めて読み返したいと思います。

 

勉強本ブームの中、本書は、著者独自の視点で「大人の勉強法」を展開していく。つまり、小手先の勉強法ではなく、必ず身に付き、一生役立つための考え方、テクニック、戦略を余すところなく伝えているのである。勉強法に「対人関係を良くする方法が必要なのか」と思う読者もいるだろう。だが、これらは仕事で成功する上で必要不可欠な要素であると著者はいう。
スポンサーリンク

関連書籍

スポンサーリンク
一生モノの勉強法
最新情報をチェック!