seimei

ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考(高橋 祥子)

生命科学的思考

視野を自在に切り替えて思考し、

主観に基づく行動を、客観的理解を持った上で実行する

 

今回は、いつものような「読まねば」という意識ではなく、久しぶりに「読みたい」と思って本書を手に取りました。

私が最初に高橋祥子さんの思想に触れたのは、私の友達の一人がSNSで彼女のブログをシェアし、その記事を読んだ時でした。

Medium

Read writing from 高橋祥子 on Medium. ジーンクエストというゲノム解析ベンチャーの代表取締役…

 

ブログにかかれている、

  • 適切な視野をとることの重要性
  • 「鶏が先か、卵が先か」問題への終止符
  • エントロピー増大の法則が、宇宙や自然界だけでなく全ての社会に当てはまる
  • 情熱は「未来差分+初速」から生成される

など、全ての内容に感銘を受けました。

 

本書では、それらブログの内容も盛り込まれ、

遺伝学の研究者から企業して経営者となった彼女の「生命科学的思考」

そしてその思考を応用し、

私達が住む世界、そしてビジネスの世界に対する考え方などが1冊の本としてまとめられていました。

 

本書のタイトルにある「生命科学的思考」とは、

一般的な「生命科学の思考」というよりは「生命科学を愛する彼女独自の思考」といえるわけですが、

個人的にはその内容の全てに賛同します。

 

最近ちょっと燻っていましたが、久しぶりにアツい気持ちにさせられました。

いつか彼女とディスカッションできるよう、私も精進していきたいと思います。

スポンサーリンク

関連書籍


スポンサーリンク
seimei
最新情報をチェック!