The Very Impatient Catapillar

The Very Impatient Caterpillar (Ross Burach)

The very impatient caterpillar

次男(5歳)のお気に入り。

ページをめくるたびにゲラゲラ笑っています。

5歳児にはかなりツボのようです。

スポンサーリンク

The Very Impatient Caterpillarのあらすじ

全然辛抱強くないあおむしのお話。

お友達が変態(metamorphosis)の準備を始めますが、

「え、どーゆーこと!?」

と、なぜか何も知りません。

 

友達:今からさなぎになってチョウになるんだよ。

あおむし:ああ、そうだね。知ってたよ……って、まじで!?チョウになれるの?どうするの?

友達:こうしてああして……

あおむし:ああ、そうだね。知ってた知ってた。ただ聞いただけ。

 

こんな、子供達の間でよく繰り広げられるような会話が続き、私も思わずクスりとなります。

 

そして、みんな無事にさなぎになりましたが、全然辛抱強くないあおむしは、

「僕、もうチョウになった!?いつまで待てばいいの!?」

と全然我慢できません。

 

思わず外を覗いてみたり、

チョウになったかも、と飛び降りてみたり、

ハチャメチャです。

 

でも、最後は自分を律して、なんとかチョウに……なれるでしょうか?

私の感想

次男の通うキンダーガーテンでは、「Monarch Butterflies(オオカバマダラ)」という、アメリカ大陸を縦断するチョウについて勉強します。

あおむし

さなぎ

チョウ

メキシコに向かって南下

という一連の流れを、Monarch Butterfuliesの幼虫をクラスで育てながら勉強していきます。

その授業で、

  • chrysalis(さなぎ)
  • metamorphosize(変態)
  • migrate(大陸移動)

などの言葉も学びます。

長女(今8歳)がキンダーガーテナーだったときも、同じ授業があり、子どもたちはチョウの一生に興味津々です。

この本は、そんなキンダーガーテナー達にぴったりな内容になっていて、ブックフェアの日に学校の先生から配られました。

幼児が考えそうなアイデアがたくさん盛り込まれていて、楽しみながら自然と学べる一冊だと思います。

スポンサーリンク

関連書籍

スポンサーリンク
The Very Impatient Catapillar
最新情報をチェック!