怖いくらい通じるカタカナ英語の法則―ネイティブも驚いた画期的発音術

My rating
★★★

日本人のカタカナ英語は通じない

それなら逆に、英語をカタカナで発音してみよう

という、逆転の発想。

 

池谷先生の本はよく拝読しているのですが、その中の1つに、この本についての紹介が書かれていたので読んでみました。

読んだ感想は、

「これはアリだな。」

です。

 

私が実際にアメリカ人の同僚と話す時のシチュエーションを考えてみましたが、大体同じ様な発音をしていると思います。

西海岸のイントネーションは少し違うようですが、池谷先生は東海岸に留学されていたので、私の周囲で繰り広げられている会話とだいぶ近いと思いました。

 

ネイティブ発音の練習については、

「Nick式英会話」が、個人的にはかなりオススメで、今も大いに参考にさせてもらっているのですが、

そこで紹介されているリエゾンの法則等に関しても、ほぼ同じ内容が書かれています。

 

ただ、実際の場面で英語を「カタカナに置き換えて」発音していくことは、「日本語脳」「英語脳」が混在してしまうので、私にとってはだいぶ難しいと思います。

英語を話すときは英語脳で話していたほうが断然会話がスムーズです。

 

例えば、家で「発音のドリル練」として、この本に書かれている内容を参考にして定型文の読み方を覚え、

実際の会話は英語脳でしつつも、時折この定型文がすっとでてくる、という感じに使うと良いように思います。

関連書籍

スポンサーリンク